08
TOP IMAGE
http://wfckyushu.blog133.fc2.com/

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人ブログ


2012.1.7
開けましておめでとうございます。
元旦は一年の始まりですが、猟期から考えると、ちょうど中間地点、折り返しポイントです。
後半戦も無事故で技術の向上を目指して頑張って行きましょう!






2011.8.7
今年の夏も暑いですね。
私は外仕事をしているので、毎年この季節は大変な思いをしています。
皆さんは暑い夏をどのように過ごされていますか。
人鷹共に夏バテ気味ではないでしょうか。
そんな時はヨーグルトが効果的だと聞きました。
人間だけの話ではありませんよ。
禽が暑さの為に消化不良と脱水症で苦しんでいる時は、ヨーグルトが効果的だということです。
また、換羽にはハチミツ(特にアカシアハチミツ)が良いらしく、免疫増強、消化促進、代謝を上げ、羽毛はピカピカになって防水効果もあり、折れ(割れ)にくい羽根になるそうです。
餌に小さじ1杯程度のハチミツを滴して与えるそうなので、夏バテに苦しんでいる禽に試してみてはいかがでしょうか。





2011.6.20
昨日、WFC九州の定例ミーティングに参加しました。
今月は長崎県で行われましたが、生憎の雨で、観光などは出来ませんでしたが、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
15.6年前に佐世保へは行った事がありましたが、長崎市内を訪れるのは初めての事です。
長崎市は、地元のメンバーから聞いてはいましたが、街自体が山に囲まれており、建物が密集しているので、鷹、特にハヤブサを飛ばせるような場所はありませんでした。
市外に出れば良いのでしょうが、近くの公園や河川敷でちょこっと飛ばすと言うわけには行きません。
日中働くサラリーマンファルコナーにとっては非常に厳しい環境だと思いました。
それでも、色々と工夫をしながら飛ばされている話や、禽の病気やケアに関する話を聞かせてもらい、とても勉強になりました。
そして、行った記念に平成20年度のマップを頂いて帰りました。

rps20110620_130008.jpg







2011.4.25
猛禽類とは関係のない話ですが、卵生メダカを始めました。
このメダカ達はボウフラを食べてくれるらしく、蚊の発生が少なくなるそうです。
これからの季節には最適ですね。
クラブの拠点にもなっている、アクアクラフトBiNにてアフィオセミオン・ストレイタムという種を購入しました。
飼育法はとてもシンプルで、ヒーターや濾過装置は要りませんし、餌もほとんど必要ありません。
皆さんも低コストで手間要らずの卵生メダカを始めて見ませんか。





2011.3.22
猟期を終えて早1ヶ月が経ちました。
ようやく確定申告も終えてホッとしているところです。
換羽期に入るこれからの時期に、もっと、猛禽類に対する見識を深めようと、日々努めています。

先日も、NPO法人希少生物研究会が行われている活動の一つに、鷹の渡りの調査、研究がありますが、その調査に同行させて頂きました。

渡って行く鷹類の見分け方、カウント方法などを教えて頂き、また、貴重なお話も伺うことが出来ました。





2011.3.13
東北地方太平洋沖地震における甚大な被害には心が痛むばかりです。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、行方不明になっている方々が一日も早く無事救出される事を祈っています。
余震もまだ続いているようですし、原発の放射能漏れも懸念されています。
これ以上、被害が拡大しなければ良いのですが・・・

スペインやアメリカの鷹仲間からは励ましのメールが届いています。
彼らの友情には胸が熱くなります。





2011.3.8
先月の27日(日)にミーティングを行いました。
九州支部は各県にメンバーがいますが、仕事や家庭の事情、また、距離(時間)的なものも含め、一堂に会するのはなかなか難しい状況にあります。
しかし、この度のミーティングで感じた事の一つに、人と人との繋がり、会って語り合う大切さがあります。
本部でも他団体との交流やIAFの会合をはじめ海外での交流と、盛んに行っています。
WFC九州も内外を問わず、益々の交流と友情の輪を広げて行きたいものです。




2011.2.6
猟期も残すところ後僅かになった中、全国各地で鳥インフルエンザの感染が相次いでいます。
先日、私の地元である大分県でも感染が確認されました。
宮崎県では、野生のハヤブサの屍骸から陽性反応が出たと言うことですし、野鳥との接触、特に渡り鳥との接触は極力避けるべきでしょう。
もし、鳥インフルエンザの疑いのあるような野鳥の屍骸を発見された場合は、保健所か各市町村の担当部署まで連絡をして下さい。

この様な事情から、2月15日の猟期最終日を待たずして、今シーズンは個人的に終猟しました。
鷹狩りをするしないに関わらず、猛禽類を飛ばしている人のとっては、冬のこの時期しか楽しめません。
この時期を逃すと、発情期→換羽期に入るので、秋口までは気持ちよく飛ばせないこと必死です。
一刻も早い終息と、今後は感染の被害がないことを願うばかりです。




2011.1.9
明けましておめでとうございます。
この度、WFC九州Webサイトの管理人によるブログを開設致しました。
宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

MENU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。